野球 バッティング バッティングフォーム 愛甲猛

野球のバッティングフォームは正しく覚えることが大切!

野球で楽しいのはバッティング。
ただ、“打てれば”楽しいのがバッティングとも言えます。


愛甲猛

正しいバッティングフォームを理解して、

実践に生かせる教材を紹介します。


元プロ野球選手の愛甲猛氏が監修した教材DVDが人気です!


最近ではイチローのマネをする少年野球の選手が目立ちます。
イチローのバッティングフォームをマネしようとしても、構えだけ似ていてタイミングの取り方やフォロースルーなどは全然なっていないのがほとんどです。
イチローのマネは、実はものすごく難しいのです。


少年野球の世界ではみんなものまねから入ります。


私たちの時代も、長嶋茂雄、王貞治から始まり、原辰徳、中畑清と続き、
元ヤクルトの池山、球界の番長こと清原和博などとマネてきたものです。


後は落合博満のバッティングフォームなんかもマネする子が多かったですね!


球界では落合博満氏の打撃理論が有名で、落合博満氏の影響を受けた人は少なくありません。


愛甲猛氏はその落合博満氏の弟子に当たります。


愛甲猛氏がロッテ時代に、落合博満氏と出会い、投手から野手に転向し、
その後オールスターにも出場する選手まで成長しました。


落合氏は最近の講演会などでも、
アマチュア特に少年野球の子達にバッティングなどの指導はやらないと公言しています。
なぜかというと、影響力が強すぎて、指導者にも失礼と言っていました。


その落合氏の打撃理論を間接的に学び、
実践で生かしたり、指導方法のメニューに加えてみてはいかがでしょうか?


愛甲猛の正しいバッティングフォーム