エースの方程式 橋本清 PL学園

エースの方程式の作者 橋本清氏紹介

橋本清

橋本清さんは大阪府出身の1969年5月22日生まれ。

高校野球の名門中の名門PL学園で甲子園春夏連覇に貢献しました。
二学年先輩には、清原和博、桑田真澄の「KKコンビ」で全国制覇。
つまり1年生のとき全国制覇を経験している。
(ベンチ入りメンバーではなかったが)
同じ年のチームメートには中日ドラゴンズで活躍した立浪和義、
日本ハム・阪神タイガースで活躍した片岡篤史、
横浜ベイスターズで活躍した野村弘樹、
現在プロゴルファーで元ジャイアンツ桑田真澄の弟、桑田泉、
一学年下には、ヤクルトで活躍している宮本慎也と
そうそうたるメンバーがいました。


高校卒業時に、本田技研への就職が内定していましたが、
ジャイアンツがドラフト1位で指名し、橋本清氏は悩んだ末にジャイアンツに入団しました。
5年くらいじっくり身体作りをして、150キロ超のストレートと落差の大きいフォークで三振の山を築きました。
今で言うところのセットアッパー役でクローザーの(抑え)石毛博史へとつなぐリレーは
当時の長嶋茂雄監督から『勝利の方程式』と命名されていました。
現在の橋本清氏は野球解説者やタレント活動をしています。


PL学園時代の橋本清氏のピッチングフォームをご覧ください。
理想的なピッチングフォームから快速球を投げ込んでいます。



エースの方程式の作者 橋本清氏紹介 コラム

今から考えてみれば、この時代のPL学園では、
プロ野球の世界では定着していた投手分業制をいち早く高校野球に導入したといってよい時代でしょう。
先発が野村弘樹(1)、中継ぎに岩崎充宏(7)、そして抑えとして橋本清(10)がいました。(背番号)
今で言うスターター、セットアッパー、クローザーという役割分担を
きっちり各選手がこなしての春夏連覇は圧巻でした。
KKコンビの清原・桑田でさえなしえなかった春夏連覇という偉業を見事成し遂げてしまいました。


橋本清さんは、
「PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか?」という本を書いています。

PL橋本清

PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか?


PL学園時代のお話や先輩後半のエピソード。
最後の夏の大会で一回戦であたった群馬代表の中央高校でリードされた時の話。
いちばんきつかった思い出のある試合とのことでした。