ピッチャー トレーニング 球速アップ 森部昌広 15キロアップ

ピッチャーのトレーニング 球速アップトレーニングの方法とは

ピッチャーのトレーニングで球速がアップするトレーニング方法が存在します。

 

野球選手ならば誰でもピッチャーに憧れますよね!

 

私自身、ピッチングの球速は早いほうですが(軟式で130キロ前後)
欲が出ますので、もっと速くなりたいと下半身を鍛えるために走ったり、筋トレをしたり、遠投をしたり・・・。

 

実は球速アップのためには、もうちょっと違う視点からのアプローチが必要だったんですね!

 

九州共立大学准教授でプロフェッショナルコンディショニングコーチ
森部昌広先生の球速アップトレーニングの方法は、まさに目から鱗でした。

↓ ↓ ↓

球速アップトレーニング

球速アップにチェック森部昌広のピッチャートレーニング球速アップの方法
3ヶ月で15キロアップの返金保障付!

 

 

球速アップには正しいピッチングフォームが基本

球速アップはもちろん、私の場合は登板した(草野球ですが)翌日は
肩の張りと下半身の張り(特に股関節の外側)が強かったのですが、
それがなくなりました。


きっと“正しいフォーム”で投げられるようになったのと、身体が強くなったせいでしょう。


元プロ野球選手の教材も参考にしていましたが、
コンディショニングコーチのピッチャートレーニングの方法というのも凄いですね!


考えてみれば、プロ野球選手だって、
コンディショニングコーチのピッチャートレーニング方法を取り入れているんですもんね!


この球速アップトレーニングの方法は、誰が実践しても結果が出せる、
つまり球速がアップするという実績とデータがあります。


ですので、作者はあなたに15km/hの球速アップを保証しています!


万が一、このトレーニング方法を1年以内に3ヶ月以上実践しても、効果が全く現れなかった場合、
購入金額・全額をお返しすることを約束していますので、安心して、期待をもって
球速アップトレーニングの方法を実践していただきたいと思います。
3ヶ月で15キロアップの返金保障!


野球のピッチングで球速アップさせたいあなた
球速アップのためのトレーニング方法を模索しているあなた

下記HPの2つの動画は必見ですよ!

↓ ↓ ↓

球速アップトレーニング公式HP

球速アップトレーニング コラム

ピッチャーのトレーニングというと、
走ってばかりで足腰を鍛えるということがあたりまえのことです。
中学時代も高校時代もピッチャーのトレーニングというとランニングでしたね。
まるで陸上部の長距離ランナーかというくらい毎日毎日走らされていました。

 

プロ野球の世界でも一昔前までは、走って足腰を鍛えるということはあたりまえのことでしたが、
最近では様々なトレーニング方法を取り入れているようですね!

 

この球速アップトレーニングの方法は、
これまでの無謀ともいえるピッチャーのトレーニングとは違い
たった3つのことだけを意識して行うものでした。

ピッチングに必要な筋肉を必要な部位に必要なだけ付ける
ピッチングに必要な部分をスムーズな連動(動き)に改善させる
体(主に肩、肘、首)に一切ダメージを残さないようにする

これなら自宅でも、しかも一人でできるピッチャーのトレーニング方法です。

 

これで球速アップが望めるものなら・・・。
しかも3ヶ月で15キロも球速がアップするなんて・・・。

 

キーワードは肩甲骨の可動域の改善ですね!
とうとうスピードガンで130キロの後半をたたき出しましたよ。
これなら140キロも夢じゃないです。

 

これを高校時代に知っていたらなぁ(苦)

球速アップトレーニング記事一覧

球速アップトレーニングの作者森部昌広先生の紹介

森部昌広先生をご紹介いたします。生年月日:1964年9月12日(福岡県生まれ)プロフェッショナル・コンディショニングコーチ九州共立大学では総合研究所 副所長、経済学部経営学科スポーツビジネスコース特別客員准教授。また九州大学では非常勤講師として身体科学演習Tでテニスを担当しています。さらに久留米大学...

≫続きを読む